くらしをつくる記事

【自分の強みが分からないあなたへ】強みを見つけるには、諦めが肝心?

自分,就活,大学生,強み,弱み,好き,嫌い,得意,苦手,分からない,判断,見つける,方法,ない

どうも。

旅する一人編集長のコバ(@lifeof11)です。

「自分の強みを生かして、仕事をしたい!」
「自分の強みを理解して、何かを頑張りたい!」
「けど、自分の強み、得意、好きなことが分からない。。。」

こういう思いはあっても、なかなか自己分析ができなくて、モヤモヤしてしまうことってありますよね。

でも実は、「自分の強みを見つける」方法はとてもシンプルで「挑戦→行動→失敗を繰り返し」「嫌いと苦手」捨てるだけなんですよね。

 

 

そこで、悩めるあなたの向けて、今回は、1年近く試行錯誤してきた「自分の強みの見つける」方法を、ノウハウとしてまとめてみました!

難しい話は全く、実践すれば自分の強みを見つけることができるので、ぜひ読んでみてください。

 

「強み」って何?

まずはじめに、強みって、なんだと思います?

「強み」とは?
強い点。頼みにできる点。

つまり、「人が頼りにできる所」=「自分の強み」なのです。

では、仕事などを頼む時に、「この人なら頼っていいかな。任せていいかな。」って思うことは、その人の「好きなこと、得意なこと」ですよね。

 

「強み」とは「好きや得意」のこと。

つまり「真の強み」とは、「好き・得意」を掛け合わせたものなのです。

 

そして、「真の自分の強み」を見つけるには、5つの行動をだけです。

①自分の挑戦したいことを考える。
②やることを発言する。
③実際に行動・作業をしてみる。
上手くいけば続ける。失敗したら改善策を考える。
⑤いくらやっても「辛くて続かないこと」は堂々と諦める。

これを繰り返す。

大切なのは、たったこれだけです。

 

嫌い、苦手なことを、すべて諦めると、強みが見えてくる。

なぜ、こんな遠回しな方法を取るかというと。

「自分の強みが分からない人」は「自分の弱みが分からない人」でも、あるんですよね。

 

「自分の強みを分かっている人」は、、、

 ・他人と比べて「自分は何が優れているか?」する習慣がある。
 ・何かで一番になった経験がある。

だからこそ、自信を持って「自分の強み」と言えるんです

 

なので、「自分の強み」を理解するためにも、様々なことにチャレンジし、自分の優れている点や、上位になれるものを見つける必要があるのです。

 

そして、「強み=好き、得意」を探すだけだと、時間が掛かるので、、、

自分の「弱み=嫌い、苦手」を捨てる作業も、どんどんしていきましょう

そうすると、最後には「自分の強み」だけが残っていくはずです。

 

ゼロリスクで、挑戦を繰り返す。

はじめにも話しましたが、「自分の強み」を見つけるためには、5つの行動が必要です。

①自分の挑戦したいことを考える。
②やることを発言する。
③実際に行動・作業をしてみる。
上手くいけば続ける。失敗したら改善策を考える。
⑤いくらやっても「辛くて続かないこと」は堂々と諦める。

ここでは、それぞれの方法を、具体的に説明していきますね。

 

①自分の挑戦したいことを考える。

まずは、自分のやりたいこと、興味あることを、考えていきましょう。そして、最大限リスクの少ない方法で、挑戦していきましょう。

●ライター、執筆、作家を目指すなら、無料ブログ、noteなどで書いてみてもいいですね。

●アパレル、物販、デザインした物を販売したいなら、SUZURIBASE

●映像クリエーター、写真家になりたいなら、YouTubeやフリー素材サイトへの投稿

●デザイナーになりたいなら、Twitterで「無料でデザイン作ります」といって、始めるのもあり。実績が集まれば、有料化するなど。(※下記のTwitterは僕とは別人です)

●ラジオ、声優、ナレーターをやってみたいなら、ヴォイシー(まだ挑戦してません。)など。

●飲食をやってみたいなら、キッチハイク(イベントをする時に使ってみたい)。シェアハウスに住んでパーティーをして、みんなに料理を振る舞うのもいい。(僕は、料理好きな友達と、シェアハウスでイベント主催して人を集めてよく遊んでました。)

●仕事としてチャレンジしたいなら、クラウドソーシングサイトで受注してしまうのもありですね。有名なのは、この二社ランサーズクラウドワークス

●その他、自分のスキルや、ノウハウをビジネスにしたいなら、タイムチケット(1時間OOOO円といった感じで時間売りができる) 、メンター(月額制でノウハウなどを販売可能。まだ、やってません。)

こんな感じで、僕はいくつもチャレンジして、堂々と徹底(=放置)しちゃってます。(※ヴォイシー、キッチハイク、メンター以外は、まだチャレンジしてません。)

 

②やることを発言する。

やることが決まったら、まずはSNSでもなんでもイイので発言しましょう。

そうすると、あなた自身のモチベーションが明らかにが変わります。

「しっかり結果を出そう!」
「もっとイイものを作ろう!」
「もっとたくさんの人を笑顔にできることをしよう!」

などなど気持ちが変わり、自然と責任感も湧いてきます!正直、はじめの頃は勇気がありますが、素直に起きらめる習慣もつくと、何も怖くありません。

 

もし、自信がなくて恥ずかしいなら、身近な友達に伝えて、自分のやってみたいことに挑戦するのもありですよ。

 

 

③実際に行動・作業をしてみる。

発信後は、どんどん手を動かしていってみましょう!

大切なのは、あなたにとっての最善を尽くすことです。

「数をこなすことか?」
「クオリティーを求めるのか?」
「お客様の笑顔を求めるのか?」

自分にとって、何が大切なのか確認しながら行動をしていくと、さらに「好き、得意」に気づきやすいできますよ。

 

④上手くいけば続ける。失敗したら改善策を考える。

上手くいった時は、もっともっとレベルを上げていきましょう!

失敗した時は、しっかり改善策を考え、何度でもチャレンジしていきましょう!

 

また「どうしたら、楽しく続けられるだろう?」ということを、常に考えておくことも大切です。

強みとして育てるためにも、「続けるための楽する方法」は、意識しておきましょうね。

 

⑤いくらやっても「辛くて続かないこと」は堂々と諦める。

最後はそのままです。

「辛くて続かないこと」はきっぱりやめましょう。

なぜ、「辛くて続かないこと」はやめた方がいいのか?

 

それは、辛い=苦手なこと、続かない=嫌いなことなのです。

これってつまり「自分の弱み」。

「嫌い、苦手」を掛け合わせたものなんですよね。

 

小学生、中学生のように、人間として未成熟な期間に、我慢してやってみるのは、ありかもしれません。

しかし、大人になってから、0→1に伸ばすのは難しいです。

なので、そういった「弱み」を改善するは諦めて、「強み」探しに専念することを、僕はオススメしています。

何かを成し遂げたい時に、自分の「弱み」が邪魔になったら、その時に努力をしましょう。

仲間を見つけるのが一番イイですが、、、どうしても見つからない場合は、必死で努力しましょう。必要な時に、必死に努力をするのが一番成長率が早いです。

 

挑戦した数だけ、自分が分かる。

こういうプロセスを踏んでいくと、次第に自分自身の「好き」「嫌い」「得意」「苦手」が具体的に理解することができるようになります。

そして、「好き・得意」を掛け合わせた、「自分の強み」が見えてくるのです。

 

僕の場合だと、、、

【1年前の僕】
デザインすることやブランディングや企画が「好きで得意なこと」だと思っていました。

【現在の僕】
お客さんの長々とした要望でも聞き、その要望からデザインのコンセプトを考えることや、要件定義・課題解決していくこと得意なのが、僕の「強み」だと、気がつきました。

【変わったポイント】
・デザインを作る作業が嫌いだが、コンセプトを考えることは好き。
・長々としたお客さんの要望も、まとめ要件定義していくことが得意。

つまり、チャレンジした数だけ、自分自身の「強み」が明確化していくのです。

僕の場合、一番驚き、受け入れがたいのは、「デザインを作る作業は嫌い」ということだ。

なので、今はあまりデザイナーとは名乗らなず、得意な人に依頼するようにしている。

 

そして、そうやって自分自身の強みを理解していくと次第に、、、

「他人が嫌いでも、自分は好きで得意なこと」

が見つかったりします。

 

そんなものが見つけられたら、最高の宝物ですよね。

でもそれは、失敗の山の中に、埋まってます。

だから皆さん、挑戦→行動→失敗を繰り返して、自分だけの宝物(真の強み)を見つけましょう。

【強みを見つけるためのポイント】
・挑戦→行動→失敗を繰り返す。
・上手くいったら続ける。失敗し続けるなら素直に諦める。
・自分の「好き」「嫌い」「得意」「苦手」が具体的に理解する。

 

覚えておいて欲しい、大切なマインド。

そして最後に、あなたがこの先、不安になること、その解決策を2つお話ししておきます。

1つ目は、堂々と挑戦と撤退を繰り返していると、周りの人から「前とやってることが違うじゃん」って言われることに、不安になると思います。

けど、「人に迷惑をかけなければ、いくらでも挑戦する権利」があなたにはあります。

 

2つ目は、「応援されてるから、続けないと。。。」とあなたは思うこともであるしょう。

しかし、「応援されてるからって、自分のやりたくないことを続けるべきなのか?」それを、ちゃんと向き合って考えたら、堂々とNOと言えるはずです。そして、応援してくれてた人も、ちゃんと話せば分かってくれるはずです。

 

なので、どんどん挑戦と失敗を繰り返してください。

そしたら、最終的に「人の目線なんて、どうだっていい!」って、考えになってくるので、安心してください。

大切なことは、あなたが生きやすくなるために、「自分の強み」を見つけることです。

 

それができてから、しっかり応援してくれた人たちに、恩返しをしていきましょう。

挑戦→行動→失敗を繰り返す。

あなたも、チャレンジしてみてください。

 

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

面白いなと思ったら、シェアやフォローなど、よろしくお願いします。

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. 海外,働き方,英語,仕事,オーストラリア,ワーホリ
  2. 努力,辛い,続かない,報われない,嫌い,コツ,ポイント,効率よく
  3. スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学
  4. UNIQLO,ニューヨーク,ブランディング,デザイン,空間デザイン,観光情報,アメリカ,佐藤可士和,片山正通

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP