くらしをつくる記事

【シアトルのamazon特集】社員の生産性を上げる、植物園型オフィス「The Spheres」

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

どうも。

旅する一人編集長のコバ(@lifeof11)です。

今日は、イノベイティブな情報好きに向けてamazon最新施設「The Spheres」と、その他最新サービスの紹介をしていきます!

2018年2月に、アメリカのシアトルに行って、実際に見て感じたことや、海外情報を調べて分かったことをまとめました。

生産性を上げる、植物園オフィス「The Spheres」

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

まずは、2018年1月末に完成したamazonの最新施設「The Spheres」の紹介です。

透明な球体型の建物が連結した施設で、外観はからは植物園にしか見えないオフィスです。

世界中の熱帯雨林から集めた3000種以上の植物、滝や巨大な木、植物で覆われた壁、小さな小川が流れ、「鳥の巣」と呼ばれるツリーハウスのようなスペースもある、都会の隠れ家、というか完全に植物園のamazon新オフィス。

なぜ、amazonはこのような施設を作ったのかというと、「Microsoftにはツリーハウス、appleには自然に囲まれたオフィスがあるから、それに対抗した。」みたいなジョークもありますが、実際は、、、

「社員が協力して、イノベーションを起こせるユニークな空間が欲しかった。」

というのが本音のようです。

自然に囲まれたり、楽しい空間の中で働くことが、リラックスし柔軟な発想を生むと考え作ったのでしょう。そして実際に、アメリカの職場環境に関する専門家によると、、

「自然の中で時間を過ごすと、生産性が15%向上し、50%の問題解決のパフォーマンスが向上する。」

という研究結果出ており、生産向上と従業員の健康を考えて、このような植物園型のオフィスを作ってしまったのだから驚き。「強者になればなるほど、その成長は加速する。」とはいいますが、確かに、「ビジネスアイディアが生まれやすい環境づくり」に投資することは、最も費用対効果の高い投資ですね。

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

また、「The Spheres」内は、1階部分は一般向けに無料開放された展示場になっています。

ここでは、「The Spheres」の構造、デザインの話や、植物の産地、植物が生きるための光の話、amazonの考える都市構想など、「The Spheres」に対する思いなどが、展示や動画などで詳しく知ることができます。

デザイン、建築、ビジネスのアイディアを求める人なら、よい情報やアイディアが手に入るかもしれないですね。


2階以降のオフィスに関しては、毎月第1、3土曜日のみ見学可能で、ネット予約性になっています。

僕は、タイミングが合わず、1階部分しか見れませんでしたので、写真の代わりにYouTubeの動画を載せておきます。

【住所と営業時間】
The Spheres
2111 7th Ave, Seattle, WA 98121 アメリカ合衆国
Google Mapリンク
月〜日曜日:10時00分~18時00分
The Spheres 公式HP
The Spheresのオフィス見学はこちらから(第1・3土曜日のみ見学可能)

 

amazonのセレクトショップ「amazon book」

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

こちらは、amazonのセレクトショップの様な本屋さん。

商品の半分以上が本ですが、Kindleや、amazonのセレクトの生活家電や雑貨なども色々あり、日本でいうところの蔦屋書店のような雰囲気で、ディバイス系が多めですね。

(※店舗画像は全てに写真はニューヨークです。)

ここの特徴は、本のカテゴリー分け。通常の絵本、雑誌のなどはもちろん、amazonでのレビュー評価が「4.8以上の本」や、「読書好きが選ぶ昔の本」など、amazonならでは、本のセレクトがあるところが、この店舗の強みですよね。

つまり、多くの人がいいと言う「口コミ評価」を付加価値に売っているので、書い手からすると、本に対する信用度がかなり高くりますよね。

また、決済もスマホアプリを連動させれば、オンラインショッピングのように、簡単決算ができるようにもなっています。

また、コーヒー屋さんもついているので、コーヒーを飲みながらのんびり買い物を楽しむことが可能。

なんだかもう、蔦屋書店のコトを売るビジネスに、テクノロジーの力を合わせた、ハイブリットな書店になっていますね。

【住所・営業時間】
amazon book(University Village内)
4601 26th Ave NE, Seattle, WA 98105 アメリカ合衆国
Google Mapリンク
月~土曜日: 9時30分~21時00分
日曜日  :10時30分~18時00分
amazon book公式HP

【住所・営業時間】
amazon book(Bellevue Square内)
128 Bellevue Square, Bellevue, WA 98004 アメリカ合衆国
Google Mapリンク
月~土曜日: 9時30分~21時30分
日曜日  : 11時00分~19時00分
amazon book公式HP

誰もが万引きするお店?!「amazon go」

こちらは2018年1月末に、一般利用が可能になった「amazon go」です。それまでは社員専用ショップとしてテスト運用をしていたようです。

簡単に仕組みを説明すると。。。

スマホアプリのQRコードで店舗にチャックイン、棚に並んだ商品を持って出て行けば、会計が自動的に行われるサービスです。

商品を棚からとって、別な人に手渡しすることはNGなので、恐らく、ユーザーの位置情報と商品が棚から取った瞬間に判断しているのでしょうね。

 

店舗自体は、コンビニのような感じで、食品〜日用品、ファストフードなど、様々な商品が売っています。この仕組みが日本に普及すれば、商品の売り方が圧倒的に変化しそうで、売り方のアイディアが重要になってくるので、なんだか楽しみですね。

【住所・営業時間】
amazon go
2131 7th Ave, Seattle, WA 98121 アメリカ合衆国
Google Mapリンク
月曜日: 7時00分~21時00分
amazon go 公式HP

Amazon Go
ショッピング, フード/ドリンク無料

 

amazonのドライブスルー?「amazon fresh」

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

「amazon fresh」は、2017年5月末に完成したサービスで、ネット上で生鮮食品を注文することが可能。15分後には店舗や、ドライブスルーで引き取りが出来るサービスです。

日本でも、「amazon fresh」のサイト自体はありますが、ピックアップはまだできなそうですね。

シアトルの中心地は、高層ビルの立ち並ぶオフィス街ですが、住宅地は郊外の自然の溢れたところにあります。

仕事など帰り道でネット注文し、車で帰りに立ち寄って行くことを、予測して作られてるのでしょう。なので、日本でテストするのであれば、東京の湾岸エリアなどのなどの、車保有者が多いエリアでテストをしそうですね。

シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国

ちなみに、シアトルのピックアップは、スタバ本社のすぐ横にあります。

注文をしないと、このサービスの便利さが分かりにくそうですが、、、もし見に行くのであれば、シアトルのスタバ巡りのついでに見に行くのがおすすめです。(シアトルスタバ巡りの記事は、こちらをクリック)

【住所・営業時間】
amazon fresh
76 S Lander St, Seattle, WA 98134 アメリカ合衆国
Google Mapリンク
月〜日曜日: 10時00分~21時00分
amazon Friesh公式HP

いかがでしたか、その他にもシアトルにはMicrosoftやボーイング社など、世界規模の有名企業の本社が多数あり、会社見学なども行っている企業が多いです。

ぜひ、シアトルに行った際には、世界企業の会社見学をして見てはいかがでしょうか?

 

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

面白いなと思ったら、シェアやフォローなど、よろしくお願いします。


シアトルのオススメホステル情報

【主要交通機関まで徒歩3分。朝食が最高のホステル】HI – Seattle at the American Hotel Host

 

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. 海外,仕事,英語,フリーランス,ベンチャー,受注方法,コワーキングスペース,シェアオフィス,wework07
  2. 【マッハ書評】死ぬこと以外かすり傷|箕輪厚介|熱狂できるものが見つからない若者はこれを読め!
  3. タグを削除: ライフスタイル ライフスタイルタグを削除: ビジネス ビジネスタグを削除: 暮らし方のアイディア 暮らし方のアイディアタグを削除: 働き方のアイディア 働き方のアイディアタグを削除: 起業 起業タグを削除: 本の紹介 本の紹介タグを削除: フリーランス フリーランスタグを削除: 人生 人生タグを削除: 幸せ 幸せ
  4. webライティング,記事作成,初心者,苦手,理系人間,国語力,文章の書き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP