くらしをつくる記事

箕輪編集室の余白のデザイン

どうも。

余白デザインを勝手に研究しているコバ(@lifeof11)です。

今回の題材は、2018.05.26の新R25の記事を参考に、箕輪編集室の余白のデザインを分析してみたいと思います。

  • どんな余白のデザインが設計されているのか?
  • 参加者は、どんな欲求を満たされるのか?

以上の、2点をポイントに絞って分析してみます。

 

余白デザインのポイントと、満たされてる欲求

この記事を読んでいて、分かった箕輪編集室の余白デザインのポイントは、下記の3つ。(※マズローの欲求5段階説については、こちらのリンクをご覧ください。)

A. 入会すれば、自分の中で新しい何かを、見つけられるかもしれない。
B. 安心安全を保障すると、コミュニティは自走する。
C. コミュニティ全体が認め合う文化がある。

つまり、言葉を置き換えると。

A. 箕輪さんの仕事が手伝えるという余白により、新たなスキル習得、自分の夢に近ずける、自己実現の欲求が満たされる準備してある。

B. 箕輪さんはコミュニティ(=空間の余白)を準備し、個人の意志を大切にする、安心安全なコミュニティを作り、所属することで社会的欲求が満たされる。

C. そしてコミュニティには、意見を認め合い、挑戦者やいいアイディアを出した人を応援する文化があるので、承認欲求(=心の余白)が満たされやすい。

このように言い換えることもできる。それでは、具体的はどのようになっているのか、確認していきましょう。

 

箕輪さんの仕事が手伝えるという、仕事の余白

一番のポイントはここですよね。

どこのサロンにもいえますが、キンコン西野さん、堀江さん、はあちゅうさんなど、著名人、実業家、何らかのプロフェッショナルと呼べる人の仕事を手伝えることが、サロン参加者の一番のメリットと感じてみなさん参加されてます。

なので、ここにおける余白のデザインのポイントは、著名人、憧れの人の仕事に関われる、余白を作ること。そして、サロン主催者に人気と信用があることが重要になってきます。

これは、マネするにもなかなか難しい。この記事でも「面白い人がいるんだなー」という感覚で参加してる方もいますが、AbemaTVで幻冬社見城さんに、ずばずばコメントするなんて、色々と不可能な面も多いので。。。

 

もし、サロンをやりたい場合は、自分自身の実績や、どんな専門家なのかの提示と、参加するメリットの提示が必要そうですね。

「どういったことが学べるのか?」
「どういった仕事にチャレンジできるのか?」

などなど、提示することで著名人でなくとも、はじめの入り口への集客は広がりそうですね。またブロガーもファンを多く抱えている場合が多いので、信用が厚い方は集まりやすいです。

 

 

彼女は、イケハヤさんと同じく高知の山奥でブロガーをやってる方で、イケハヤさんのご近所さんのようで、アドバイスをもらいつつ、オンラインサロンを運営しているそうです。

 

【まとめ①:仕事の余白デザイン】
オンラインサロンに入るメリット、どんな自己実現の欲求が満たされるか?これが一番重要ということです。

そう考えると、著名人でなくとも、実績や専門性を語れて、ファンを持つ人なら、可能性は高いと思われます。

箕輪編集室=コミュニティという、空間の余白

次は、オンラインサロン=コミュニティというなの場作り。つまり、空間=箱という名の余白デザインです。

ここで、少し話がずれますが、、、余白のデザインは感覚的にいうと「箱」のイメージかなと僕は考えています。人の欲求が満たされるための箱を、いかに綺麗に、いかに魅力的に、いかにさり気なく、設計するかが、余白のデザイン(箱の設計)のポイントになっています。
一番、分かりやすいのはオンラインサロンというなのコミュニティ(=箱)を、いかに魅力的に、いかにさり気なく設計するかが、主催者のセンスにかかってきます。

 

この場合の余白のデザインのポイントは、

・主催者が信用できて、魅力的であること。
・コミュニティが魅力的であること、または居心地がいいこと。

主催者のポイントは①で話した通りです。もう一つのポイントは、コミュニティが魅力的であること、居心地がいいこと。

 

つまり所属すること自体が、自慢できるような場所や、居心地のいい場所であることが重要です。

この居心地の良さは、

それは、マズローの欲求5段階説でいうと。

 ・魅力的なコミュニティに属すことで、社会的欲求を満たす。
・自慢できるコミュニティであることで、承認欲求が満たす。

このようにも言えるでしょう。

 

【まとめ②:空間の余白デザイン】
重要なのは外から見て、魅力的なコミュニティであること、所属することで承認欲求が満たされるコミュニティであること。

 

承認欲求が満たされるという、心の余白

最後は、コミュニティの環境作り。

心の余白、つまり承認欲求を満たすためには、コミュニティの環境づくりが重要です。

この環境作りによって、参加者の承認欲求が満たされやすい環境を作ることが、オンラインサロン運営の継続・活性化において重要なところです。

 

箕輪さんいわく、オンラインサロンは、

 「安心安全を保障すると、コミュニティは自走する。」

という考え方をサロン運営に取り入れてるそうですが、これは記事内の

 ・批判しない文化
・常識にとらわれずにアイデアを出し、挑戦できる場所
・熱意やいい案さえあれば、協力してもらえる

という話から分かる通り、

「肯定的なコミュニケーションを大切にし、挑戦者を応援する文化」

を作り上げてるからこそ、箕輪さんが不在であっても、自走するようになっているのです。そこまで、コミュニティを育てるまでには、箕輪さんの多くの努力や、コミュニティのリーダーたちの努力があったことでしょう。

なんだか、難しい環境づくりの話になってきたので、簡単にまとめます。

 

【まとめ③:心の余白】
オンラインサロンの運営は「大人の部活動」。否定的なことをいわず、頑張る人を応援し、みんなで決めた目標に向かって頑張る大人の部活です。

こう考えると、肩の力を抜いて、運営の仕方を考えられそうですね。

 

全体のまとめ

【まとめ①:仕事の余白デザイン】
オンラインサロンに入るメリット、どんな自己実現の欲求が満たされるか?これが一番重要ということです。

【まとめ②:空間の余白デザイン】
重要なのは外から見て、魅力的なコミュニティであること、所属することで承認欲求が満たされるコミュニティであること。

【まとめ③:心の余白】
オンラインサロンの運営は「大人の部活動」。否定的なことをいわず、頑張る人を応援し、みんなで決めた目標に向かって頑張る大人の部活です。

 

こういった、3つの要素で、箕輪編集室の余白はデザインされてるようですね。

また今回この記事を書いていて気づいたことがあります。

それは、①②は余白のデザイン=箱を作ることがポイントですが、③は心の余白=箱は個人の心の中にあるので、その心の余白=箱にはめ込む「承認欲求のデザイン」が重要だということに気づきました。

①②は、側を作る作業なのでやり方を理解すれば、できるようになりそうですが、③は全く見えないし、心の中にあるものなので、オンラインサロンという環境外だと、うまく使いこなすのが難しそうですね。

まだまだ、研究が必要だな。。。

 

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

これからも、こんな感じで、分析した結果をまとめて行くので、面白いなと思ったら、フォローや、いいねをお願いします!

 


箕輪編集室が関わっている本達の紹介

マンガで身につく 多動力
ビジネス/マネー, ブック, マンガ/グラフィックノベル, マンガ, その他のマンガ¥1,000堀江貴文, 星井博文 & 三輪亮介
日本再興戦略
ビジネス/マネー, ブック¥1,100落合陽一

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. ファームステイ英語ワーホリ勉強アプリ
  2. 【マッハ書評】死ぬこと以外かすり傷|箕輪厚介|熱狂できるものが見つからない若者はこれを読め!
  3. 自分,就活,大学生,強み,弱み,好き,嫌い,得意,苦手,分からない,判断,見つける,方法,ない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP