くらしをつくる記事

ホスピタリティの最高峰を味わう。シアトルのスターバックス本社と焙煎工場レビュー。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

どうもこんにちは!

旅する一人編集長のコバヤシヨシトモ(@lifeof11)です!

 

今回は、シアトルにあるスターバックスの「本社1階」と「焙煎工場」の特集をしていきます。

スターバックスは、1971年にアメリカのシアトルで開業した、いわずと知れた世界のコーヒーチェーン店。

そんな、世界で愛されるスターバックスですが。

シアトルの「本社1階」と「焙煎工場」はホスピタリティは別格の高さで、そのサービスと、空間づくりに感動したので、2店舗の紹介をしていきます!

海外では、高級店などを除く、通常の飲食店やショップなどでは、お客さんもスタッフもほとんど対等な立場というのが、一般的ですが。

正直、大概スタッフの方が、態度が悪いのが現状ですw

面倒くさいと思うと、明からさまに嫌そうな態度をとります。それが割と普通です。(人間味があって、ある意味好きですが。。。)

 

しかし、スターバックスだけは、どこに行っても、居心地のいい空間と、上質な接客を提供してくれます。

さらに、確実に美味しいコーヒー、美味しい食べ物、Wi-Fi環境があので、安心して立ち寄れるコーヒー屋さんとして、困った時にはとりあえずスタバによる。

そんな、心のより所のような場所になってしまいます。

スターバックス本社1階

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

それでは、スターバックス本社の1階のショップから紹介していきます。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

スターバックス本社の屋上には、セイレーンのロゴが大きく掲げられております。

それが、駅から向かって行く時点で見えているので、それを目印にスタバ本社に簡単にいくことができます。

近づくにつれて、ワクワクが止まりませんが、しかし。。。

「ん?」

「白いフェンス?」

「正面玄関がぶっ壊れてる?」

「こいつは、工事中ってやつなのかな?」

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

そうです。見事に改装工事中に来てしまいました。

しかも、工事の影響で、通常入れる最上階のギフトショップは入れませんでした。

噂によると、最上階には入れない代わりに、3階の社員食堂の見学ができるそうですよ。(色々と申し訳ないです!)

ということで、まず始めは、ぶっ壊れたスタバ本社の紹介レビューです。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

本社1階のショップは、屋外にも席が多く、寒さ対策として暖炉もあるのでビックリしました。

本社なので場づくりの作り込みが別格。

写真のRマークの下の所が横長の暖炉になっていて、全自動で火が燃え続ける仕組みです。

外だけでも、十分快適に過ごせそうな設備で、スターバックス本社のポテンシャルの高さがうかがえますね。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

そして、中に入ると、可愛いスタバグッツの山!

可愛いタンブラー、マグカップ、コーヒーに関するグッツもちろんたくさんあります!

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

それ以外にも、Tシャツや、帽子、エプロン、バック、文房具、キッチン雑貨などなど、可愛い雑貨に溢れていて、それを見ているだけでも、30分くらい時間を使ってしいました。

「可愛い。」

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

「欲しい。」

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

「これは、箱だけ欲しい。」

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

「使い方わからないけど、欲しい。。。」

「もっと、使い方わからないけど、欲しい。。。。。」

「こんなの家あったらおしゃれだな。。。。。。けど、もう家ないだった。。。」

アメリカ西海岸らしく、モノづくりにこだわった商品ばかりで、ここだけでも十分楽しめます。

 

また内装インテリアも、木やステンレス素材の重厚な溢れる高級感のある空間づくり。

細かいところ見え隠れする、遊び心ある作りに、心奪われてしまいます。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

スタッフも、みんな明るくフレンドリーに話しかけてくれるので、非常に楽しく心地いい空間。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

ここで特徴的なのは、注文のスタイル。

レジや並んで注文することがなく、スタッフの方から、注文したそうにしているお客様に声をかけて、注文を取り、その場で精算をします。

そのあとは、スタッフにどこの席に座るかいわずともも、スタッフの方で場所を把握してくれていて、コーヒーなどを持ってきてくれます。

お客さんのことを最優先に考えたサービスになっていて、通常のコーヒーショップでは味わえない、特別感に浸ることができました。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学サービスの質や、空間づくりにおいて、スターバックの中では世界一なんじゃないか?

そう思うような、上質な空間提供に、僕は感動を覚えました。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学その後は、僕の大好きな暖炉の前で、のんびりとコーヒーを飲んでから、次のスタバに向かいました。

【住所・営業時間】
STARBUCKS Secure Access Sodo 8
2401 Utah Ave S, Seattle, WA 98134 アメリカ合衆国
Googleマップ
平日 5:00〜18:00
※土日休日は定休日
営業時間等は、こちらのHPからも確認できます。

スターバックス焙煎工場

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

次は、スターバックスの焙煎工場に行って来ました。

焙煎工場はその名の通り、コーヒーを焙煎する行程などを、生で見ながらコーヒーを飲める施設になっています。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

コーヒー豆が頭上を通り過ぎて行ったり、焙煎された大量の豆が機械から大量に出して来て、巨大な機械でぐるぐると冷却され、またパイプの中を通って移動して行く。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

こちらはなんだか、スタバのアミューズメント施設のような感じです。

コーヒーの作られる過程を見ながら、コーヒーが飲める。

そんな、コーヒー好きにはたまらない施設になってます。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

焙煎前の豆を、ここに流し込むようです。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

焙煎の設定担当のお兄さん。すごく楽しそうに働いてる姿が、印象的でした。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

焙煎後の冷却エリア。一気に豆が出てくるので、観光客の撮影スポットになっています。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

そんな場所で働くスタッフは、本当にテーマパークのスタッフのようなフレンドリーさで、本社とは、また違った素晴らしい楽しい空間になっていました。

【住所・営業時間】
STARBUCKS RESERVE® ROASTERY & TASTING ROOM
1124 Pike St, Seattle, WA 98101 アメリカ合衆国
Googleマップ
平日 6:00〜21:00
土日 6:00〜22:00
営業時間等は、こちらのHPからも確認できます。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

はじめにも話した通り、僕はスターバックスのホスピタリティーの高さが大好きなのですが、この2店舗はそれに特化した空間で、ラグジュアリーホテルにでも来ているかのような、上質の空間作りに、何度も感動してしまいました。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

それは、対人サービスに限らず、インテリアの使いやすさ、座り心地、テーブルの高さ、テーブルに腕を載せやすい角を斜めにするなど、、、様々なモノにまで、ホスピタリティに溢れています。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

一番感動したのが、鉄の手すりが冷たくないようにレザーを貼ってあることでした。

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

お客さんの行動一つ一つまで考えた、細やかが気遣いが、物作りにまで落とし込まれている。

そんな、素晴らしい空間となっていました。

「この2店は、スターバックスの世界最高峰かもしれない。」

僕はあの場所に行って、そう確信しております。

 

なので、シアトルに行く際は、ぜひ行って見てください。

そして、時間を十分にとって、ゆったりスターバックスのホスピタリティーに浸って見てはいかがでしょか?

スターバックス,シアトル,観光,本社,焙煎工場,一号店,アクセス,住所,見学

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

面白いなと思ったら、シェアやフォローなど、よろしくお願いします。

 


シアトルのオススメホステル情報

【市内観光に最適な好立地と、充実した朝食が最高です。】HI – Seattle at the American Hotel Host

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. シアトル,アマゾン,会社見学,企業訪問,amazon,go fresh,Spheres,観光,情報,企業戦略,アメリカ,米国
  2. webライティング,記事作成,初心者,苦手,理系人間,国語力,文章の書き方
  3. エストニア,電子国家,IT国家,ブロックチェーン,マイニング,政府アドバイザー,日本人,日下光,blockhive,経歴,評価,人物像
  4. 保育園,保育士,不足,待機児童,フリーランス,コワーキングスペース,レンタルスペース,働き方のアイディア,働き方改革
  5. 株式会社,矛盾,非公開,ブランディング,働き方改革,

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP