くらしをつくる記事

【ルーマニアでスリにあった話】目の前でお札を取られても気づかなかったよ。

ルーマニア治安スリ情報ブカレスト

どうも。

旅する一人編集長のコバ(@lifeof11)です。

今回は、ルーマニアでスリにあったので、その体験談をまとめました。

1ヶ月滞在していて、治安は良さそうな印象を受けていたのですが、やはりスリの本場ヨーロッパ。完全に警戒しててもスラれてやられましたね。ちょっと珍しいタイプのスリだと思うので、興味ある方は読んでみてください。

陽気でちょいデブなおっちゃん

バスのチケット売り場で、どれチケットを買うか迷っていた時に、近くのおっさんが声をかけてきました。

「ここの地域って、なんて名前か知ってるかい?」

この質問の時点で、フィリピンのマッサージお姉さんのナンパと似てて同じで「胡散臭いな〜」と思いつつも、だらだらと立ち話をしていた。そして、

「ちょっと座って話そうぜ。」

と言われ、さらに胡散臭さが増してきた。それと同時に、興味が出てきたので話に乗っかる事にした。人通りの多い近くのベンチで、またダラダラとおしゃべりを再開。

 

「オレの日本で兄弟が働いてるんだよ。」

「オレも旅行中なんだが、この国の人は英語分かんなくて困るよな〜」

などなど、何やら共感を誘う言葉や、仲間意識を根付かせるトークをどんどん振ってくる。。。そんな感じで、お互いに旅行の話をしていた。

 

その間も、僕は警戒をしていたので。

肘をベンチにかけて、僕とおっさん二人の間に肘の壁を設置しつつ、楽しく話をしていた。

 

しかも、このおっちゃん、

「オレ、ユーロ持ってるんだけど、ルーマニアのお金ってどんなの?」

といって、数枚のユーロを見せてきたが、明らかに、£(ポンド)とLONDONが印刷されてる。

「いやいや、これポンドだよw 何言ってんだよw」

とツッコミを入れて、僕もルーマニアの紙幣を見せた。

「こんなのなんだ〜初めて見たよ〜」

という適当なコメントをもらい、返してもらった。そして、次は日本円が見たいと言って来たが、そんなもの持ち歩いてる訳もなく、ないことを伝えた。

そして、もう一回ルーマニアのお金を見せてと言われ、お札を数枚渡したら、2つ折りの札束を反対に折りだして、

「ルーマニアは危ないからこうした方がいいんだぜ!」

って、意味の分からん事を言って、お札を返してくれた。

 

その後もダラダラと、話をして解散した。僕は正直、常に警戒してたので「ただの旅行中のおっさんだったか。。。」とがっかりして、チケットを買いに戻りました。

もう手遅れ。。。

そして、バスの金額を確認して、支払おうとすると、お札が1枚減ってる!

 

そう!

反対に折り返した時にやれれてたのだ!しかも、バッチリ見てたのに気づかない!

「あいつやるな!」「手品師かよ!」

と、ついつい感心してしまった。。。そして、僕はなんだか嬉しくなり、記念撮影をするために、おっさんを探したが、もういなかった。

 

そして、もう一つ気づいた。。。おっさんが持ってた、数枚のポンド紙幣。。。

「完全に盗んだやつやん!!!」

「どんだけ盗んでるんだよ!あいつwww」

 

そんな感じで、手品のように50リラ(1350円)すられました。コンテンツのネタ代としては、まあまあだが、もっと面白要素が欲しかったなと思いつつ、のんきにホテルに戻りました。

 

スリ対策は、事前勉強が大事!

ヨーロッパのスリは高等テクニックを駆使してスリを行うので、皆さんも旅行の際はご注意を。しかし、スリは事前学習をすればかなり避けられます。下記の動画にテクニックが載っているので、しっかり勉強しておきましょう。

ちなみに、このパターンのスリは、僕は初めて知りました。そして、僕のように興味本位で怪しい人について行くのはやめておきましょうね。

※追記:ネット情報ではあまり見かけないスリの手口ですが、昔からあるやり方で、流行ってる地域では、気をつけるように現地の人に、言われるようですね。(ちなみに、単価の高い日本のお札を狙っているので、「日本円が見たいな」と言われたら、注意しましょう。)

そういえば、キューバでも、ノリのいい面白い少年に、言われるがままの家までノコノコついて行き、葉巻を売りつけられたりもしてたな。。。その時は、笑顔で「すわねぇよww」って断りました。

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

面白いなと思ったら、シェアやフォローなど、よろしくお願いします。

 


ルーマニア・ブカレストの、安くて・安心・安全・キレイなホステル情報。全5カ所泊まった中で、オススメのホステルです。

 

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. 世界一周,暮らし,働き方
  2. 世界,日本人宿,まとめ,一覧,アプリ,jinnilee,バックパッカー/
  3. 地図アプリ,旅,海外旅行,バックパッカー,観光,地図,マップミー,mapme1
  4. オデッサ,ウクライナ,ヌーディストビーチ,行き方,場所,観光

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP