くらしをつくる記事

【完全保存版】海外旅行の節約術まとめ。宿、航空券、クレジットカード、食事、グッツ、アプリ、Wi-Fi、国際SIMカードなど、すべてをまとめて紹介します!

どうも。

旅する一人編集長のコバ(@lifeof11)です。

今回は、これまで6ヶ月間、世界を旅してきた中で失敗しや経験して学んだ、海外旅行の節約術を、長期海外旅行者、バックパッカー初心者向けにを紹介をしていきます!

旅の費用をカテゴリー訳すると、移動費、宿泊費、食費、その他娯楽費となり、その6〜7割が移動費、宿泊費に消えていきます。しかも、出費の落とし穴の多いものその二つ

その他、移動費、宿泊費をメインに、節約になるクレジットカード、食事、アプリ、グッツも紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

航空券購入の節約術

航空券は、一番金額が掛かり、知らないと損することがあるので、おすすめサイト、使い方、注意点を紹介していきます。

 航空券一括検索サイト オススメ3選

航空券は、一括検索サイトが大手で3社あります。それぞれの特徴とリンクを貼っていきます。

Skyscanner(スカイスキャナー)
格安航空券の品揃えはトップクラスで、「月全体検索」や「地図検索」など、検索機能が充実している。

 Expedia(エクスペディア)
格安航空券の品揃えや、航空会社の品揃えは、スカイスキャナー に劣るが、安心して使える航空会社が多い。

momondo(モモンド)
英語のみなので、あまり使ってないが、どうしても格安航空券がないときは見る。

 

 

Skyscannerで安いチケットを探す方法

スカイスキャナー は、通常の「空港〜空港の検索」に加え、「国〜国の検索」、「1ヶ月の料金一覧」、「地図検索」など、検索機能が充実しているので、安いチケットを買ったり、ルートを決めるのに最適な、検索サイトになっています。

月全体検索

出発日を、1ヶ月の中でいつが一番安いか確認で、下記のように使います。



以上の流れで、一番安い日を簡単に見つけることができます。

また航空券は、月始めの週と、月〜水曜日が安傾向にあるので、僕は長距離移動時は、安い時期を狙って旅のスケジュールを調整してます。

 

地図検索

トップページを下に下がるとあります。

自分のいる場所から、行きたい場所を地図上で探せるので、非常に楽しいです。また、地図で見ると自分で思ったよりも、近くの別の空港に行く方が、予算が安かったりするので、意外な発見がありコストダウンが図れます。

目的地が決まっている人は「月全体検索」、目的地がざっくりとしか決まってない人は「地図検索」が一番いいと思います。

 

 

恐怖の、当日追加料金発生

航空券予約で一番恐ろしいのが、「当日の追加料金発生」です。日本のサービスだと、ほとんど起こらないのですが、海外の航空券予約サイトでは、「預け荷物関係」の料金が分かりにくい場所に書いてあることが多く、「当日に追加料金が取られた!」という話は、LCCだとよくある話です。

正直、4000円〜10000円なので払えなくもないのですが、海外でのそういったハプニングは避けたいもの。

そうならない為にも、「受託手荷物」と「機内持ち込み手荷物」の違いを理解から始めましょう。

「受託手荷物」と「機内持込手荷物」の違い

これは誰もが分からなくなる言葉なので「受託手荷物」と「機内持込手荷物」の違いを簡単に説明します。

受託手荷物・・・チェックイン時に、重さを図って預ける荷物。

これは、重量制限が各航空会社によってバラバラなので必ず確認をしましょう。LCCなら相場は15~20kgです。

機内持込手荷物・・・機内に持ち込める荷物。

機内持ち込みも、サイズ、重量が各航空会社によってバラバラなので必ず確認をしましょう。重量の相場は7kgとなってますが、みんな見た目で判断する為、突っ込まれたことはありません。

 

「受託手荷物」と「機内持込手荷物」の表記は絶対に探せ!

上の説明を理解すれば、もう違いは分かってますね。しかし、いざ予約となると、この言葉が隠れていたり、奇妙な表記で勘違いをしてしまうことが、多々あるので事例を紹介していきます。

これは、「無料の受託手荷物は、許容量なしですよ」つまり「無料で預かれれる荷物の重さは0kgです」ということ。受託手荷物が無料で預かってもらえる場合には、「受託手荷物15kgまで」と表記されます。

これは、スカイスキャナー の予約を進めていくと観れる画面なのですが、こういった分かりにくい表記が海外のサイトでは当たり前です。

ここで無料と勘違し、当日追加料金が発生するのが、一番多いパターンですね。

 

似たパターンでややこしいのは、下の画像。

「受託手荷物」については、各コースに書いてあるので分かりますが。

今度は、「機内持込手荷物」が最後のコースに2個と書いてある。これは、最後のコース以外は1つまでOKということを、省略しているのです。

「受託手荷物」のことは書いてあるが、「機内持込手荷物」の表記がない場合は、無料と考えていいです。。。が、なぜか「機内持込手荷物」だけ追加料金をとる会社もあるのです。

 

なので、予約時は必ず「受託手荷物」「機内持込手荷物」についての表記確認してから、予約をしてください。予約作業を進めていかないと、出てこない会社もあるので、注意するしか方法はないですが、知らない人はよく引っかかるトラップです。

 

なので、予約の際は、「受託手荷物」「機内持込手荷物」を要確認してから、支払い画面に進んでくださいね!

航空券の節約術は以上です!

ブックマークをお忘れなく!! Skyscanner

 

 

ホテル予約の節約術

ホテル予約は、主に「安くて、良い宿」を簡単に見つけるための、ノウハウを紹介していきます。

おすすめ予約サイト3選

Booking.com
物件数、クチコミが多い、マイルも貯められるので、一番使ってます。

agoda(アゴダ)
Booking.comで、安いホテルがなければ使う。マイルも溜まるが、マイルの貯まるホテルは料金が上乗せされてるので、意味なし。

Hostelworld(ホステルワールド)
上記二つでも、安い物件がない時の検索手段。

【番外編】 airbnb(エアビーアンドビー)
言わずと知れた、民泊です。ネット内でクレジット決算ができるので、便利。

 

その他、無料宿泊サイト3選

世界には、無料で宿泊できるサービスがいくつか存在し、その中でも大手3サイトを紹介します。

Couchsurfing(カウチサーフィン)
無料でホストの家に泊めてもらえるサービス。女性一人の場合は、使い方に注意しましょう。

workaway(ワーカウェイ)
無料で宿泊+食事が提供される代わり、ホストの家事や家の仕事を手伝うことで、泊めてもらえる。

wwoof(ウーフー)
ワーカウェイとほぼ同じで、農業、牧場の仕事しかない。

 

安くて、良い、ホテルの選び方

ホテル予約のおすすめは、断然Booking.comです。理由は下記の3つ。

  1. クチコミが多いので評価が信用できる。
  2. 写真が多くて見やすい。
  3. マイルやビットコインが貯められる。

それでは、Booking.comを使った「安くて、良い、ホテル選び」の方法を紹介していきます。流れとしては、下記のようになります。

 絞り込み検索 → 詳細確認 →お気に入り登録 → 一覧で比較 → 予約

絞り込み検索で条件設定、安い順に並び替え

最低限、下記の3つはつけて検索をするとよいです。

  • 無料Wi-Fi
  • 予算 ¥0 – ¥6,500 (1泊あたり)
  • クチコミスコア とても良い8以上

その他、「朝食付き」「キャンセル無料」などもありますので、そこは、あなた次第で設定していきましょう。

しかし、キッチンなどの施設設備は、設定をしていないホテルが多いので、あまり当てにならないのが正直なところです。特にキッチンが「電子レンジがあるからキッチン」みたいなこともあるので、写真での確認がベストです。

 

また、なぜ「クチコミスコア とても良い8以上」としているのかというと、「大雑把な外国人はとても良い」と思うが、「几帳面な日本人には普通 or ちょっと不満が出る」レベルになるので、最低基準は8以上がベストです。

ちなみに、東京の安宿を検索すると、2/3以上がクチコミスコア8を超えしているのですが、海外では異常な数字ですね。(海外では1/3程度)

 

クチコミ詳細、位置情報確認後に、マイリストへ登録

 

 

ここでは、下記の3つを確認しましょう。

  • 地図で位置確認
  • クチコミでWi-Fi-評価確認(7以上は最低でも欲しい)
  • 画像で、キッチン、お風呂、トイレの確認。
  • 詳しく情報が欲しい人は、クチコミを読むとリアルな意見が書き込まれてます。

確認後は、右上のハートボタンを押して、マイリストに保存します。

 

マイリストで一括比較

あとは、マイリストから一番良いホテルを選んで、予約すればOKです。

 

Booking.comの注意点! 追加料金発生の確認!

予約を始めて最初の画面、左側に追加料金について出るので、ここを要確認してください!

この物件は特殊な例で、ルーマニアで初めて見ました。

宿泊費を他のホテルより安く見せて施設サービス料で宿泊費の5倍の金額を請求するシステムなので、見落とすと大変な事になるので注意が必要です!

これは、アメリカや、特殊な税金がある国ではたまにあるので、予約の際は画面左側はよく見るようにしましょう!

 

ポイントの貯め方

Booking.comでは、予約金額の数%を、様々なサービスのポイントにすることができます。

そこで、僕のオススメは「JALカード」、「ANAカード」のポイントです。長期間旅をしていると、航空券の購入などでも、マイルはどんどん貯まるものなので、合わせて貯めておきたいですね。

ポイントの貯め方は、下記のJALカード、ANAカードのHPに書いてありますので、そちらから登録作業をしてください。

JALカードのマイルを貯めたい方は、こちらから登録

ANAカードのマイルを貯めたい方は、こちらから登録

 

ポイントの貯める時の注意点

登録後、マイルを貯める為の専用ホームページが作られるので、そのページをブックマークしましょう。

このページから予約をしないと、マイルは貯まらないので、注意してください!

ポイント発生の条件は、Bookimg.com内でのオンライン決算のみです。

また、ビットフライヤーをやっている人は、ビットコインも貯めることが出来るので、そちらもオススメです。流れは上記と同じです。

 

海外のホステルに泊まる時の注意点

ドミトリーの場合、個人用ロッカーはありますが鍵がついてないです!

なので、南京錠は必須です!(オススメグッツに詳しく書いておきます)

ブックマークお忘れなく!! booking.com

 

バックパッカーのおすすめクレジットカード

僕は、バックパッカーや海外を長期旅行したい人には、クレジットカードは基本的に、ANAかJALのゴールドカードをオススメしてます。その理由は下記のように沢山ありますが、5、6番目が一番重要視してますね。

  1. 航空券を買うとマイルが貯まる。
  2. Booking.comでマイルが貯まる。
  3. 海外キャッシングが安心して使える。
  4. 海外旅行保険が充実。
  5. 海外の750以上の空港ラウンジが使える。
  6. ジェットスターの利用でJALマイルが貯まる。

5番は、「ゴールドカード」の方のみ、無料で利用できます。ゴールドカードの年会費は、JALで17,280円ANA14,000となってます

まあまあな金額はしますが、ラウンジなら安心して過ごせて、簡単な食事や飲み物、シャワー、簡易宿泊施設などが付いているので、簡易的なホテルと考えれば、ラウンジを3、4回も使えばすぐに元がとれます。移動が多い人は、バックパッカーは重宝するアイテムですね。

また、6番でも書いてますが、国内のLCCはJALカードでマイルが貯まるので、僕はJALのカードを選びました。ここは、国内で多く航空会社で判断するのが一番ですね。

JALマイルが貯まるクレジットカード

ANAマイルが貯まるクレジットカードお申込はこちら

節約食事術

物価の高い国で、費用がかさむことは当たり前ですが。

実は、物価の安い国でも外食は高いです!

それは、観光客相手に飲食店をしている、お店は金額設定がローカルの3〜10倍くらいするからです。そこで、2つの節約術を紹介します。

  1. 外食はローカルなお店へ
  2. 自炊生活が一番コスパがいい

外食はローカルなお店へ

外食で費用を抑えるなら、その国々で主食=ローカルフードとされるものを食べるのがいいでしょう。

欧米諸国は物価が高いですが、パンやピザは彼らにとって、主食に近いので、作る技術や競合が多い為か、予想外に安いです。(日本よりは安いかな程度ですが。)それ以外は、ケバブ関係の食事が安いです。

 

また、途上国は、観光地のレストランは現地価格の3〜10倍なんてことも当たり前です。

なので、途上国の南米、アジア、中東、アフリカなどは、ローカルなお店に行くのが一番です。そういったお店を見つけるには、①ホステルで聞くか、②街で現地人の人混みができているお店が美味しいので、オススメです。

しかし、アジアでは人混みがあってみんな食べてても、日本人はお腹を壊すこともあるので、ネット情報も混ぜつつ慎重に選びましょう。

 

やっぱり自炊が一番コスパがいい

欧米諸国は外食で1回で1000円は当たり前ですが、自炊なら週2000円まで抑えられます。

主に、パンとパスタは量が多く、安価に手に入るので、そこを主食に自炊をするとコストダウンができます。僕の1週間を例にすると、パン、パスタ、ベーコン、卵、トマト、ヨールグルト、オレンジジュースをいつも買って生活しています。

 

 

おすすめ海外旅行アプリの紹介

これは、旅アプリを開発した時に、市場調査も兼ねて市場の旅アプリは一度全部リストアップした僕が、さらに厳選して紹介しています。

「これを入れておけば問題ない!」と、自信を持っていえるアプリ一覧です!

【バックパッカーのオススメ】海外旅行で使える無料アプリ34選!

 

おすすめ旅グッツ紹介

旅で必要な最低限のグッツを紹介していきます。旅をしながら断捨離してきた僕が、最低限度持つべきアイテムをまとめました。

【初心者バックパッカー必見!】長期旅行で、あると便利な持ち物!

 

もっと海外について知りたい方へ

今までの情報に加え、下記の情報について答えるタイムチケットを販売しております。ぜひ一度、僕のタイムチケットをご覧ください。

  • 予算の立て方(行きたい国の費用算出法) 
  • ルートの決め方(効率よくまわる為の方法を伝授) 
  • セブ島留学の相談(僕は、英語xエンジニア留学に行ってました)
  • 英語学習の相談(旅しながら出来る勉強法、無料英会話、ワーホリなど) 
  • 海外旅行保険の相談(僕は1年で24万円のプランを選びました) 
  • 予防接種の相談(全7本8万円を受けた体験談) 
  • 海外治験の相談(僕の体験談に沿って、受ける為のノウハウを伝授)

タイムチケットはこちら

 

また、

「海外旅行したいけど、、、こんなに手配が大変なら、心が折れそうだ。。。」

という人は、楽天トラベル の海外旅行で、飛行機、ホテル、ツアーをまとめて予約するのが、一番簡単ですよ。

 

今回も、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

面白いなと思ったら、シェアやフォローなど、よろしくお願いします。

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. アプリ,旅行,海外,旅,無料,英会話,翻訳,地図,飛行機,ホテル,バックパッカー,世界一周,
  2. 世界,日本人宿,まとめ,一覧,アプリ,jinnilee,バックパッカー/
  3. 地図アプリ,旅,海外旅行,バックパッカー,観光,地図,マップミー,mapme1
  4. ルーマニア治安スリ情報ブカレスト
  5. オデッサ,ウクライナ,ヌーディストビーチ,行き方,場所,観光

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP