くらしをつくる記事

お金の為に、働くことをやめた理由。それは、お金2.0を目指すから。

タグを削除: ライフスタイル ライフスタイルタグを削除: ビジネス ビジネスタグを削除: 暮らし方のアイディア 暮らし方のアイディアタグを削除: 働き方のアイディア 働き方のアイディアタグを削除: 起業 起業タグを削除: 本の紹介 本の紹介タグを削除: フリーランス フリーランスタグを削除: 人生 人生タグを削除: 幸せ 幸せ

昨日の夜お金の為に働かないことを決めた僕に、一番最初に訪れた変化の話です。

旅の資金がやばい

現在僕は、世界を旅しながら海外の「暮らしや働き方」アイディアを集めて旅をしているのだが、お金を全く稼がず、旅を続けることはもう無理だった。

個人でWebメディアや、タイムチケットもやっているが、収入といえるレベルのお金は入って来てないのが現状。

でも、お金の為に働かないことを決めた僕が考えたのが、noteのサポートで応援して貰う仕組み。つまり投げ銭してもらおうというのだ。(お恥ずかしい話だが。。。)

 

しかし、そうなってくると、仕事を考えるときの、優先順位が大きく変わってくる。(働く態度が変わるといった方が良いかも。)

お金儲けを優先で考える場合①自分の出来る仕事を考える ②時間と収入のバランス ③社会のニーズはあるか?

これはつまり、自分至上主義で、自分の収入と楽することしか考えていない。

投げ銭で暮らす場合①お金が貰える ②社会や人に対して何を返せるか?考える ③出来る限りの仕事で返す

こうなると、無条件でお金をもらっている分、社会や人に必要とされてるか?を考え、行動する様になる。必死に何かで返そうと態度が変わるのだ。

 

僕の考え方が、間違っていた

前者は、どんなスキル、知識、才能があっても、必要とされてなければ収入に繋がらない。

これが、ずっと僕のやって来た過ちだった。

なので、僕は自分自身の働き方の態度を維持する為に、お金を稼ぐ優先順位を下げる事にした。

その思考を、発展させて考え出したのが、0円ショップ。

ざっくりいうと、仕組みはこうだ。

・料金は0円で仕事を受注する。(もちろん内容によるが)・受注した仕事に対し、全力で仕事を返して行く。・出来上がった仕事に対しお客さんが、心から感謝をしてくれたなら、追加の金額をもらう。・または、SNSでの拡散を依頼する。

これが、僕の好きなお金の流れ。

「感謝の対価としてお金をもらう」ビジネスモデル。

この内容は、次のノートにまとめてあります。(詳しくはこちらをクリック)ぜひ読んでみてください。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方
マネー, ブック, ビジネス/マネー¥1,100佐藤航陽

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. 働き方,職場環境,働き方改革,営業利益,,不動産価値
  2. UNIQLO,ニューヨーク,ブランディング,デザイン,空間デザイン,観光情報,アメリカ,佐藤可士和,片山正通
  3. デザイナー,ブランディング,コピーライター,オススメ本,デザイン,課題解決,クリエイティブ,クリエーター,セミナー
  4. 海外,仕事,英語,フリーランス,ベンチャー,受注方法,コワーキングスペース,シェアオフィス,wework000

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP