くらしをつくる記事

「もし明日死ぬとしても、後悔しない今日を過ごそう。 」 そう自分に問いかけ出したら、夜も眠れなくなり、これを必死に書き出していた。

バックパッカー生き方-旅-人生-名言幸せライフスタイル

ある夜の、僕の自問自答です。

もし、明日死ぬとしたら、将来のために、今日の自分がやるべきことは?

・大切な人達が、暮らしやすい、働きやすい社会を作りたい。

 

暮らしやすい社会とは?

・会社を往復するだけで疲れてしまう生活をして欲しくない。

・小さいコミュニティだけで過ごしてしまい、後から後悔することがないようにしたい。

・人と関わりが少ない事で、有意義な情報を得られずに、後悔して欲しくない。

・人との出会い、環境を変える事が、人生を変える近道と気づいて欲しい。

・また、シェアハウスや、多拠点生活、移動生活など面白い生活に、どんどんチャレンジする楽しい世の中になって欲しい。

 

働きやすい社会とは?

・一つの仕事にしがみついて必死に働き、辛くなってしまう働き方をして欲しくない。

・自分のやりたいことに、チャレンジしていける世の中になって欲しい。

・もっと、働きやすいアイディアや、方法があるはずなので、それに気づいて欲しい。

・実は、小さい社会しか知らないから、辛いだけで、もっと働きやすい仕事は、たくさんあることに、気づいて欲しい。

 

どんな仕事がしたい?

大切な人達が、暮らしやすい、働きやすい環境を作るビジネスがしたい。(主に、コミュニケーション、人と人の繋がり、人の温かみを大切する。)

 

どうやって、そんな環境・社会・世の中を作るの?

・問題の多くは「知らないこと」なので、life of.で情報発信をすることで、気づきを与えたい。(まだまだ情報の質が悪いが。)

・まずは帰国後に、自分で小さな社会「共に働き、共に暮らし、人と繋がれるシェアハウス」を作る。

・そのシェアハウスに併設して、コワーキングスペース「あいつんち」を作りたい。

コワーキングスペース「あいつんち」

働くことの堅苦しさを全て無くした、ユルさ特化型のコワーキングスペース。

延々にだらだら仕事が出来ることをコンセプトに、友達の家のようなゆるさい24時間営業のコワーキングスペース。

そのゆるさが、気軽なコミュニケーションや雑談を生むことで、人と人の繋がり、新しい働き方が生まれるのではないかと考えている。

また、クッションだらけのエリアを作ることで、働きながら寝落ちも出来るようにするなど、働くことのストレスを最大限に無くしていく事が目的である。

 

・自分のやりたいことに、チャレンジしていける世の中になって欲しいので「夢を実現するの為のWebサービス」を作りたい。

夢を実現 Webサービス

「夢」「やりたい事」があるけど一歩を踏み出せない人(以降、夢人と書く)は、主に「情報不足」「仲間不足」「資金不足」の不安を抱えており、その不安から失敗を恐れて一歩が踏み出せていない。なので、それら「3つの不足」を解消する為のWebサービスを作りたい。

簡単に言うと、クラウドファンディング(=CF)にSNS機能を追加したものだ。

・夢人は、CFのように「〇〇をしたい!」とスレを立てて、様々な人からアドバイスを貰い「情報不足」を解消。
・また、仲間・サポーター募集機能をつけて「仲間不足」を解消。
・そこで、どんどん話し合いと、仲間を集めることで、実現性を増していく。
・最後に、CFに昇格させて「資金不足」を解消することで、夢人は、自分の「夢」や「やりたい事」を実現する事ができる。

※アドバイスをくれる人や、仲間となる人物が重要なので、サービスの認知度や、信用性が圧倒的に必要で、現状自分自身では、実現性が低い。

 

・人と人の繋がりを広げるWebサービスを作りたい。1つは『コワーキングスペースをテレビ電話で繋ぐ “いのばた会議” が出来るWebサービス』と、2つめは『シェアハウスや場づくりしてる “場と場” を繋ぐSNS』

コワーキングスペースを繋ぐWebサービス “いのばた会議”

細かい機能は考えていないが、コワーキングスペースの片隅に、大画面のテレビ電話を設置し、その場でテレビに話しかけると、別なコワーキングスペースにいる人と、にコミュニケーションが取れるサービス。

画面は上半身が映るくらい大きくし、スピーカーを設置することで、通りかかった人も気軽に話に参加できるのだ。そこで気軽なコミュニケーションを取りつつ、遠くの友人に自分の仲間を紹介したり、雑談からアイディアが生まれることを目的に、考えたWebサービスです。

 

コミュニティを繋ぐSNS

最近、シェアハウスはテーマを持った物件が多く、建築系シェアハウス、旅人系シェアハウス、プログラマー系シェアハウスなどがある。それはまるで、「原宿=ファッション」、「築地=魚屋」といった感じで、僕にはコミュニティが街のように思えている。
「魚が欲しいなら築地に行く」のと同様に「旅の仕事で困ったらなら、旅人系シェアハウス」へ遊びに行ったり、人と繋がりに行けるようなコミュニティを繋ぐSNSを作りたい。そうなれば、友達になってから仕事ができるので、フラットな関係でストレスや妙な気遣いが減った働き方が、出来ると考えている。

じゃあ、その為に、今やるべきことは?

・世界中を旅して、情報収集しアイディアや成功事例を集める。(やってるけど、少ない)

・それらを発信し続ける。(やってるけど、少ない)

・クラウドファンディングが必要となるので、発信力、信用を増やす。(もっと頑張れ)

・現時点から、企画のアイディアを練っておく。(やれてない。そろそろ殺そうか?)

・仲間を増やしていく。(日本に帰ってから、0円日本一周とかして探す。)

・自分自身で、やりたいことにチャレンジし続けて、見本になる。

最後にひとこと。

大切な人達が、暮らしやすい、働きやすい社会を作るためなら、本当死んでもいいと、改めて思った。

「明日死んでも、後悔しない今日を過ごそう。 」

 

これが僕の、新しいの物差し。

ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方 の情報発信収集や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします!
●Facebook   ●Twitter   ●Instagram   ●note   ●VALU

関連記事一覧

  1. 読書という荒野,レビュー,見城徹,書評,要約,評判,
  2. ゼロ高等学校,入学,費用,メリット,デメリット,制服,授業,時期,評価,3
  3. polca,成功,コツ,ポイント,ノウハウ,ホームレス,支援金,リターン,お返し,画像加工,相場
  4. polca,成功,コツ,ポイント,ノウハウ,ホームレス,支援金,リターン,お返し,画像加工,相場
  5. ホームレス,0円生活,ライフハック,ソーシャルハック,,暮らし方,アイディア,節約生活000

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP