【英語弱者の海外ワーキン①】オーストラリアで働いて気がついた。海外で働く為に、必要なスキル。

僕は今、オーストラリアのパースから南に200kmほど移動した、ドニーブルック(Donnybrook)という田舎の農場に来ている。ここで、ワーカウェイ(workaway)というサービスを使い、農家の家にタダで泊めてもらう代わりに、働いているのだ。

ここに来て、3日が経って教えてもらった仕事はすごく簡単。

小学生でも、難なくこなせるレベル。ざっくり言うと、こんな感じ。

  • 朝昼晩のニワトリの世話。(餌やり卵の回収)
  • 朝一の植物への水やり。
  • 野菜やフルーツの仕分け。
  • 畑のメンテナンス。

あとは、その都度、荷物を運んだり、掃除をしたり、頼まれた事をやる。こんな感じだ。

言葉が通じないと言う、ジレンマ。

海外,働き方,英語,仕事,オーストラリア,ワーホリ,農業,ファームステイ

先ほど上げた通り、健康な体を持つ人なら、老若男女誰でも簡単に出来るだろう。

ただし、それは英語が通じて初めて言える事。

 

僕の英語は、セブ島で約1.5ヶ月で習得したレベルの、日常会話や海外旅行では、ギリギリ困らない程度。そのくらいはあると思っていた。

しかし実際は、オーストラリア訛りが強く英語が聞き取れず、農場の老夫婦も耳が遠くなってきている。そう、彼らの前では、英語が全く通用じなかった。

   「ここで待ってて。」

   「箱をここまで持って来て。」

そんな言葉すら聞き取れず、何度も聞き返したり、聞き返した言葉が通じず、イライラし始める彼らを前に、仕事の内容を出来なくても、「Yes」と言ってしまう。

そして、最終的に「お前は何を言ってるのか分からん!」「なんでこんな仕事を忘れるんだ!」と言われても、撤回する言葉を、瞬時に言えない僕は、ただただ怒られるのだ。

彼が、言いたい事を言い切ったら、やっと僕の撤回と、「英語が下手でごめんなさい。」が始まる。なんとも惨めな29歳の働きぶりだ。

英語圏で働く為に必要な力

海外,働き方,英語,仕事,オーストラリア,ワーホリ,農業,ファームステイ,世界一周

  「英語が話せないだけで、小学生レベルの仕事もできないのか。」

そんな事を思いながら、畑で雑草繁殖防止の小道(パース=Path)作りしつつ、現状の分析と改善策を考えてた。

僕自身の問題点

  • 純粋に英語のスキルが低い。(単語のボキャブラリー不足が大きい。)
  • 多少分からなくても、「分かった」と言ってしまう事。

彼らの問題点

  • オーストラリア訛りの英語が分かりにくい。
  • 高齢で耳が遠い。
  • 英語を第二言語として、学習してる人の分かりやすい単語や、話し方が分からない。(※ネイティブスピーカーの一番恐ろしい所。)

改善策

  • 理解するまで、何度でも聞き直す。言い直す。(※伝える努力と、聞き取る努力が重要。)
  • でかい声話す。(※英語は腹式呼吸で話すと発音が良くなるので、声は基本的に声を張るようにしよう。)
  • スマホを常備し、必ず伝えなければならない事は、Google翻訳でもいいので使って伝える。(※気になる単語があれば、すぐに調べて使う事で記憶に残りやすい。)

 

こんな感じで改善策を準備し対応をして行こうと思う。

そして、ふと思い出した。

海外勤務の経験のあるプログラマーの方が言っていた、『重要なのは、リスニング力』。

 

確かに、それに尽きる。

会社に入れば、仕事は基本的に、依頼者/雇用主から依頼が来るもの。仕事内容、要望、進め方、注意点、時間などなど、それらを理解した上で、自分で作業をして、依頼者に返す。

会社ならこれが基本だ。

だからこそ、まずはリスニング力を上げる為に、毎日アプリを使って単語の勉強を進めている。

どこで働くか?よりも、どんな仕事をしたいか?

海外,働き方,英語,仕事,オーストラリア,ワーホリ,農業,ファームステイ,世界一周

僕みたいに英語が苦手な人間が、海外で働く事がどれほど難しいか痛感しつつも、小道(パース=Path)作りを引き続きしながら、悶々としていた。

  「自分がやりたい事って、こんな事だっけ?」

  「海外に来ても、嫌な事を我慢して働く意味ってなんだ?」

  「場所が変わっても、嫌な仕事は、嫌な仕事だし、合わない人と働く事はストレスが溜まるな。」

そう思った。

 

海外で働く事に、妙な期待を抱いていただけで、『働く』という事の根元を見れていなかった気がする。

確かに、昼休みは2〜3時間は必ず取るし、フラットな関係で、個人の発言は尊重される。しかし、それは探せば日本でも似たような企業はあるはず。

本当に重要な事って『どこで働く』より『誰と、どこで、どんな働き方をするか?』じゃないか?

そんな事を考えつつ、今日も、小道(パース=Path)作りに勤しんでおります。

ここのワーカウェイが終わったら、今回の改善策を考えて、行動した結果を記事にしてみようと思います。

■その他、今回のオーストラリアのファームステイの連載記事はこちらになります。

【英語弱者の海外ワーキン②】仕事のストレスを減らすには、相手の理解が重要。

【英語弱者の海外ワーキン③】働いて分かった必要なスキル3つ!おすすめ英語アプリの紹介!

プロフィール写真、正方形ライター:コバヤシヨシトモ
世界を旅しながら、暮らし方、働き方、お金の稼ぎ方 の情報発信や実験をしております。最新記事をチェックしたい方は、SNSのフォローをお願いします。
●facebook   ●twitter   ●instagram:life of.   ●VALU

関連記事一覧

  1. 自分,就活,大学生,強み,弱み,好き,嫌い,得意,苦手,分からない,判断,見つける,方法,ない
  2. UNIQLO,ニューヨーク,ブランディング,デザイン,空間デザイン,観光情報,アメリカ,佐藤可士和,片山正通
PAGE TOP